結婚相談所は時代の変化とともに婚活スタイルが変化しています。

乾杯をする男女

歴史と現在

婚活を始めようにもどうやって出逢えばいいかわからない。そんな場合には神戸で結婚相談をする事をおすすめします。

信頼できる結婚相談所を神奈川で探している方はこちらがおすすめです。豊富な経験から、あなたにピッタリの相手を紹介してくれます。

結婚相談所の歴史は江戸時代から

 結婚相談所の期限は意外と古く、江戸時代中期に遡ります。慶安という医師が医療業の傍ら縁結びを業としていましたが、医療業よりも儲かったことから次第に縁結び業にシフトチェンジしていきました。  本格的な結婚相談所は明治13年、大阪の山口吉衛門が設立したもので当時は幕末の戦争により若い男子が減少していたこと、大都市への人口流入により非常に繁盛していました。  時代は昭和になり昭和8年、東京に公立の結婚相談所が設立され、太平洋戦争、高度成長期を経て1970年代、民間の結婚相談所が企業化されました。  その後インターネットの急速な普及によりネットによる結婚相談サービス、街コン、婚活パーティーなど婚活スタイルが多様化して現在に至ります。  

政府も後押しする婚活業界

 未婚化・晩婚化が社会問題となって久しい現在、政府の方でも様々な対策や支援がなされています。例えば2013年補正予算で30億円の「婚活助成金」が成立したり、自治体主催の婚活パーティーや街コンもあちこちで開催されています。その背景には2030年問題(このままでいくと現在の30代の男性は半分、女性の1/3が結婚しない)により医療や年金などの社会保険制度の崩壊が見込まれる、待ったなしの大問題があります。  そのため婚活市場にとっては正に追い風となっています。結婚相談所も例外ではありません。一定の基準を満たした事業所が取得できる「マル適マーク」の制度もできたことから、安心して利用できる環境も整いつつあります。  結婚相談所はこれからますます需要が高まっていくことでしょう。

初めての婚活なら、サービスの充実している東京の結婚相談所で婚活を始めましょう。最初から成婚までしっかりサポートをしてくれます。

結婚に反対されても、結婚するのは2人です。納得するまでとことんと話し合ってみるといいでしょう。家族円満になれる秘訣になります。

的確なアドバイスをしてくれるから、自分の悪いところを改善しやすいですよ!京都の結婚相談所で婚活すれば、スムーズに結婚することができます。

結婚相手を探す

個人的に出会いの場を設けるのは難しいので、結婚相談所の婚活サービスを利用すれば結婚前提とした相手に出会うことができます。基本的に相談所は会員制で、入会時には基本情報を登録する必要があります。

  続きを読む

イベントに参加する

婚活のために合コンのイベントも多く開催されています。最近は地方の人とも出会うことができるイベントもあり、さらに出会いの数を増やせます。楽しいイベントなら異性と自然体で話すことができます。

  続きを読む

積極的に行動をする

結婚相談所は婚活の中でも費用がかかりますが、確実に結婚意識のある異性と出会えます。現在は積極的に婚活をする男女が増えているので、これからも相談所の需要は少しずつ上がるはずです。

  続きを読む

運命のパートナー探し

婚活パーティーに参加することによって異性と出会うことができます。婚活パーティーを紹介しているとことも多いので、その中から自分に合った場所を見つけることができます。

  続きを読む

多種多様なイベント

婚活の方法には結婚相談所の利用があり、婚活のためのお見合いやパーティーなども行なわれています。こうした婚活サイトなどは月会費や年会費が決まっており、場所によって値段が異なっています。

  続きを読む